(まだまだ準備中!詳しくは事務局までお問い合わせください。)

 

 

趣旨

 

▼NPO法人ひむか維森の会では、素材生産業にともなう林地破壊が社会問題化するなか、2008年 に伐採搬出ガイドラインを制定し、素材生産における環境配慮に取り組んできました。そして今回、社会の信頼を一層深く獲得するため、新たに「責任ある素材生産事業体認証制度」を立ち上げることになりました。

 

▼この制度は、環境に配慮した素材生産活動をおこなう事業体を審査し、「責任ある素材生産事業体」として認証するものです。素材生産単体の認証としては国内初となるもので、スギ生産量日本一の宮崎県 らしく、全国に先駆けた試みです。実務経験者や学識経験者、市民団体等から構成される第三者委員会 が中心になることで公平中立性が確保されています。宮崎県内で素材生産活動をお こなう会社、森林組合、一人親方等のあらゆる事業体が対象になります。

 

▼大きな特徴は、現地審査を同業者が実施する点です。現場ごとに作 業条件が変わる素材生産活動の多様性を考慮し、現場感覚に優れた同業者が審査に赴きます。つまり、素材生産業者 の伐採搬出現場を、別の素材生産業者が審査する仕組みです。これにより審査の質を高めるとともに、事業体同士で技術交流を深めようという狙いです。

 

▼素材生産業を主役にしたこの認証制度は、きっと将来、素材生産業を社会(消費者、発注者、納税者、一般市 民)にアピールする一助となると期待されます。宮崎県内で素材生産をおこなう事業体の皆様方には、奮って「責任ある素材生産事業体」の認証取得をご検討ください。

 

 

体制

 

▼当認証制度は第三者機関である「責任ある素材生産事業体認証委員会」を中心に次の図のような体制をとっています。

 

 

現地審査

 

▼現地審査は、認証委員会が任命する2名の審査員が実施します。審査項目は、会社経営に関するヒアリングの他、現地評価シートに記されている事項が中心となります。

 

▼現地審査の結果は、審査員が次の様式(審査結果報告書)にとりまとめ、認証委員会に報告します。そして最終的に、認証委員会がその報告に基づいて認証授与の可否を判断します。

 

(審査のイメージ)

 

 

費用・有効期間

 

▼受審料として一律10万円いただきます。ただし、年間生産量が1万5000m3を超す場合は現地審査の数が増える関係で、1万5,000m3を超過した1万m3ごとに1万円ずつ加算させていただきます。

 

年間生産量
内訳
総額

8,000m3の場合

基本受審料
10万円
10万円
25,000m3の場合

基本受審料
(15,000m3)

10万円
11万円

従量加算分
(+10,000m3)

1万円

▼認証の有効期間は2年とします。認証を更新するためには、2年ごとに同じ審査を受け直していただきます。素材生産の現場が森林経営に比べて短期的である上、工場経営のように規格化された現場ではないことを考慮して、このような更新方法にしました。

 

 

規程

 

▼詳しくは次の3種類の規程(更新日2013.3.18)に定められいるので、ご参考にしてください。

1. 責任ある素材生産事業体認証制度規程
2. 責任ある素材生産事業体認証制度申請細則
3. 責任ある素材生産事業体認証制度審査細則

 

 

なお、規程類については制度が落ち着くまでは若干変更する可能性があるので、更新日にご注意ください。

 

申請

 

▼認証審査を申請する場合は、申請細則に則して次の手続きが必要となります。

ステップ 内容 備考
日々の業務

●少なくとも過去1年間に手がけた現場ごとに右の3点セット(あるいはそれに準じるもの)を作成し、保存しておく


森林収穫プラン

事前チェックシート
事後チェックシート

事前相談 ●認証事務局に申請を希望する旨を伝え、手続きに関する説明をうける

CRL 事務局 担当:戸
〒880-0014 宮崎市鶴島2-9-6-1F
電話 080-3980-9186
FAX(&TEL) 0985-22-3316
crl@himukaishin.com

申請書類の作成 ●申請細則に則り右の書類を作成する
申請書
(様式1)
事業体概要報告(様式2)
過去1年間の事業概要(様式3)